トヨタ車を安く買う裏技!!

 

 

人生で一番大きな買い物と言えばマイホームですよね。

 

でもマイホームは何回も何回も買いませんよね…

 

実は一番お金をかけているのは

 

 

なのかもしれません

 

 

 

この世の中に車にお金をかけるほど余裕のある人は

 

どの位いるんでしょうか

 

 

 

代表例は身近にいます

 

 

 

自動車ディーラー営業マンは若くても年食ってても

 

間違いなく絶対に

 

いい車

 

を乗り回しているはずです!

 

 

 

 

質問です

 

 

 

なぜ彼らはいいスーツを着ていい車を乗れるのでしょうか

 

 

 

答えは

 

 

 

彼らだけが

 

安く

 

お得に

 

簡単に

 

車を手に入れるコツを知っているからです

 

 

 

今も現場の最前線で働く

 

自動車販売の現役のプロが

 

こっそりその秘密を教えます

トヨタの現場

はっきり言います

 

トヨタは値引きしません

 

いつでも

 

オタクは殿様商売だなぁ

 

と言われ続けています

 

 

 

なぜって?

 

 

分かり切ってることじゃないですか?

 

 

値引きしなくてもあなた方が買ってくれるんですから…

 

 

つまりこのサイトを見ている方はトヨタ車を買おうと思っている方ですよね

 

という事は日産でもホンダでも三菱でもスバルでもなく

 

トヨタ車に、

 

トヨタの○○に乗りたいんですよね?

 

 

 

そういうお客さんは

 

多少高くても

 

担当した営業マンがイマイチでも

 

店が遠くても

 

多少の不満があっても

 

大抵はのことは我慢して買ってくれます

 

 

 

だから

 

他社の△△はいくら値引きした

 

□□はオプションサービスしてくれる

 

と言ってもトヨタディラーの営業マンは強気なんです

 

 

 

もっとはっきり言うと

 

 

 

商品力があるから

 

あなたが買わなくても他の誰かが買ってくれる

 

別にあんたに売らなくてもいいや

 

 

 

と思って仕事してます!

トヨタの仕組み そして弱点は

安く買うにはまず敵を知れ

 

という事でまずはトヨタディラーの裏事情をほんの少しだけ話します

 

それはメーカが全国に作った

 

トヨタ販売網

 

を知ることが

 

トヨタ車を安く買うなんです

 

 

 

 

 

トヨタの営業マンが一番めんどくさい事

 

それは競合です…

 

 

 

しかし私たちは

 

他メーカーは

 

はっきり言って怖くありません

 

それは先程の所で触れた通り

 

売れる車種

 

があるからです

 

 

 

では誰のことを怖がるのか

 

それは

 

同じトヨタの他の会社なんです

 

 

 

多くの方がご存知の通りトヨタと一口に言っても

 

販売車種が非常に多いため

 

ディラーは下記の4チャンネルにわかれています

 

 

ランクル・クラウン・ハイラックス等を扱うエンジ色の看板のトヨタ店

 

 

アルファード・ハリアー・マークX等を扱う緑色の看板のトヨペット店

 

 

カローラ・ノア・パッソ等を扱うオレンジの看板のカローラ店

 

 

ヴェルファイア・ヴォクシー・ヴィッツ等を扱う青い看板のネッツ店

 

 

 

今まではこのように各店の特色があり

 

店舗ごとの競合が無い仕組みになっていました

 

マークU3兄弟に代表されるトヨタ得意の兄弟車は

 

アルファード・ヴェルファイア、エスクァイア・ノア・ヴォクシー等

 

今も残ります

 

 

 

何よりも問題なのは

 

HVシリーズに多いのですが

 

プリウス・アクア・C-HRのように全店扱いの車種があることです

 

 

 

老若男女問わず人気の低燃費の車

 

ハイブリッドはトヨタにとってなくてはならない

 

車種構成の一つになっています

 

 

 

その昔、20年前に初代プリウスはトヨタ店のみの専売車種として

 

販売されました。

 

当時はゲテモノ扱い?で環境問題も現在ほど関心が高くないので

 

金持ちのセカンドカーや環境関係の法人等

 

とても狭い一部のターゲットでしたが

 

ハリウッド俳優がプリウスを愛車にしてから

 

どんどん人気が上がりました

 

ならば全店でプリウスを買えるようにすれば

 

販売台数も4倍?になる

 

ということで全店でプリウス・アクア等を扱うことになったのです

 

 

 

ここが我々トヨタディラーマンにとっての問題であり

 

皆さんには

 

つけ込むポイント

 

となってしまうのです

 

 

 

買い回りしろ!

 

 

 

ということです

交渉は営業マンのペースにしない

実際に欲しい車が決まったら数件のディラーに回るのが鉄則です

 

いわゆる買い回り客

 

ですね

 

 

 

ディーラーマンはこれを嫌いますが

 

嫌うのを逆手にとって交渉することが

 

最安値を引き出す第一歩です

 

 

 

合い見積もりを取る

 

 

 

先程も書きましたが、本当に嫌なパターンです

 

 

 

私も経験がありますが

 

大抵は嫌な気分になり

 

値引きを引き出そうというのがミエミエ

 

なので手を引きます

 

 

 

しかしなかには上手く乗せられて値引きしちゃった

 

というお客さんもいます

 

 

 

こちらから気持ちよく値引きしてしまうようなお客さんとは一体どんなお客さんかわかりますか

 

 

 

基本的に営業マンに頼った商談になるのが一般的です

 

トップへ戻る